今すぐやる会

怠けるつもりはないのに気が付いたら、サボってしまう。気を付けてるつもりなのに遅刻が多い。そんなスケジュール管理、タスク管理に不安を抱える方へ、めんたね代表http://mentane.net/カウンセラー尾谷幸治が主宰する、ADHDの治療プログラムを用いた、意志の力を使わない、スケジュール管理、タスク管理のワークショップです。お問い合わせはこちらまでcontact@imasuguyaru.com

2月やるCafeの報告 「「めんどくさい」「やる気がない」感情のなくしかた」

f:id:osugi-akira:20180225232919j:plain

2月のやるCafeは
「「めんどくさい」「やる気がない」感情のなくしかた」をテーマにワークを行った。
何かをやろうと思ってもいざ実行に移すとなると
「めんどくさい」「やる気がない」という感情が出てきて
手が付かない、続かないという悩みを抱えてる人は多いと思う。

今回のやるCafeでは
そんな「めんどくさい」「やる気がない」感情に焦点をあてて
何が実行を妨げているのかを参加者に考えて貰うワークを行った。

「めんどくさい」「やる気がない」という言葉は
タスク管理の悩みを聞く中でよく出てくる言葉だが
実はこの言葉エンプティーワード(中身の無い言葉)である可能性が高い。
というのは、「めんどくさい」「やる気がない」という感情自体が問題と言うよりは
その背景にある何かしらの問題が実行を妨げているということがよくあるのだ。

そもそもこうした「めんどくさい」「やる気がない」という形ででるネガティブな感情は
私たちが進化の過程で手に入れた来た必要な感情である。

人類が文明を獲得する以前
不明なところ、危ないところ、解らないところ
そんな場所は命の危険がある場所であった。

過酷な自然環境で活きていくために
感情が進化し、危ないところに近づくとネガティブな感情を出すことで
避けさせ自分を守る役割を果たした。

感情にはそういう形で自分を守る役割がある。

だから、必ずしもなくせば良い物では無い
しかし、文明の進化に感情の進化は追いついていないので
必要の無いところでネガティブな感情がでることがある。
必要が無いと思えばその感情はオフにしても良い。

話を元に戻すが、ネガティブな感情が湧く以上は何か原因がある。
感情自体を否定するよりは、原因にアプローチした方が良いのだ。

例えば私は家で作業したり勉強したりすると言うのがこの1,2ヶ月出来ていなかった。
当然そのとき「やる気が無い」とか「めんどくさい」という感情が出るわけだが
よくよく考えてみると、自室の室温が非常に低く(9度)
暖房のある部屋は家族の共用スペースで、私は人が居ると作業が出来ない。
そうした環境面の不備が「めんどくさい」「やる気がない」という感情を生んでいることに気がつく
気がついてしまうと何のことも無い話だが
コロンブスのゆで卵のような話で感情にとらわれて
実行出来ないのは感情が原因だと思っていると気がつきにくい。
寒さが原因と気がついてから
暖房の効いたカフェで仕事をするようになると意外と進むことがわかった。

ワークでは最初に「めんどくさい」「やる気がない」で手が付かなくて困っていることを書き出して貰った。
次ぎに具体的に思い起こして貰った。
その感情が出てきたときは「いつ」「どこで」「だれがいて」「何をしようとして」…
と映画のワンシーンのように書き出して貰う。
こうして書き出すことで原因を探ることができる。
事実を淡々と書くと言うだけでも効果が大きい。

そして「めんどくさい」「やる気がない」を生み出す要因を探っていく
主に暑い、寒い、疲れた、眠い、等の身体的不快と
解らない、難しい、やったことが無い、等の心理的不快がある
特に心理的不快の中でピックアップしたのが「義務感」だ。
「めんどくさい」「やる気がない」にセットで付いてくる感情である。

後半ではこの「義務感」をなくすワークをやった。
そもそもこの「義務感」は受動的なものだ
やりたくないのにやらざる得ない、やらされているみたいな感情だ。
だが本当にそうだろうか?

もともと、やりたいと思っていたことで、自分が望んだことなのだ。
少なくともこのワークで取り上げるモノは。

厳密に言えば結果は欲しいが課程に興味が無いやりたくないという話なのだと思う。
英語はペラペラになりたいが、勉強はしたくない。
部屋を綺麗にしたいが、掃除がめんどくさい。

ワークでは改めて何の目的でやりたいと思ったのかを思い返して貰い
最終的に以下の3つから今後の行動を選択して貰った。

A 義務ではないし、やりたくないからやらない
B 義務ではないが、やり遂げた結果は欲しい。やりたいからやる
C 決して避けられない義務なのでやる

こうして他者から押しつけられたモノではなく
自分で望んでやろうと思ったと思い返して貰うだけで
義務感は軽減することが多い。

ここまで思い返してやらないという選択肢を選んでも良い。

参加者は大半がBを選ぶことが多かった。

感情の問題は感情だけが問題ではなく
感情を生み出す何かを振り返ってみることが大事である。

参加者からは
「こうしてやってみると自分が何をやりたかったが見える」
「自分の感情に向き合う機会ができてよかった」
「改めてやりたい気持ちがでてきた」
という感想がでた。

3月のCafeの募集も始めました。

imasuguyaru.hatenadiary.jp

3月やるCafeの募集 「認知行動療法でやりたいことが出来る自分になる」

f:id:osugi-akira:20171207222311j:plain

【やるCafe詳細】

日程:2018年3月10日(土)10時30分~12時30分まで
会場:ブルーオーシャンカフェ (都営新宿線半蔵門線住吉駅そば)
参加費:1500円(ワンドリンク代込み)
問い合わせ先:contact@imasuguyaru.com

【今後の予定】
4/7 5/12

「何をやっても上手くいかない」
「自分はダメな人間だ」
「この先もずっとダメなままなんだろうか」
そんな風に自分を責めて辛い思いをしていないでしょうか?

今回のやるCafeでは
こうしたネガティブな感情や思考で苦しんでいる方に向けてのワークをします。
認知行動療法と言います。

簡単に説明すると
自分が問題だな、改善したいなと思った行動を書き出して貰います。
そのあと、その問題行動をとったときに
頭の中に浮かんできた自動思考(おしゃべり)を書き出して貰います。

書き出して眺めてみることで
自分の行動と、それに伴う思考が見えます。

思考は行動に影響を与えます。
例えば何か新しい勉強を始めようと思い立ったとします。
その時に「よし、新しい勉強が楽しみだ」と思う人と
「どうせ始めたって、すぐやめちゃうんだ」と思う人では
実際の行動が違うはずです。
楽しみだと思える人は勉強が続きますが
やめちゃうと思う人は考えるだけでも苦痛だから行動が続きません

物事が上手くいかない人は
ネガティブな思考が多いのです。

認知行動療法」ではそうした
問題行動と思考を書き出し、眺めて貰う。
その上で改めて、適切な考え方を考えて貰う
そうすることで、行動の改善を図ります。

「すぐやめちゃう」という思考に対しては
「本当にそう?例えば昔参考書を一冊やり終えた経験があったよね」
「1日1ページくらいなら出来るんじゃ無い?」
という形で改めて適切な考え方を書き出して貰います。

とはいえ、自動思考やネガティブな感情というのは
本人にとっては当然でべったり張り付いたものですから
自分一人で自覚するのは難しいのです。
上手にやるには指導する人間が必要です。
今回のやるCafeでは相互にやりとりをしながらワークを進めていこうと考えています。

ネガティブ思考辞めたくないですか?

【セミナー詳細】
やりたいことがあるけど、
手がつかない。続かない。

もしも、思った通りに努力できていたら、
自分の人生はもっと違っていたんじゃないか?

「やるCafe」はそんな悩みを抱える人たちが集まる場です。

◯やること
・モチベーション維持、タスク・スケジュール管理等にまつわる悩みの共有、意見交換
・ワークシート等を利用し、自分の問題にじっくり向き合う

参加者の皆さんは、お茶や食事をしながら
のびのび気軽に参加されています。

一緒にやりたいことについてお話をしませんか?

◯参加者の悩みの一例
・勉強したいことがあるが、手に付かない
・部屋が散らかっていて片付けられない
・朝決まった時間に起きられない、夜更かしをしてしまう
・仕事に時間がかかってしまう、もっと効率良くやりたい

◯過去の参加者の感想
・普段なかなか考えないことを、じっくり考える時間がとれるのがよかった
・ほかの参加者が居ることが、考えるための強制力として働くのがいい
・「やるCafe」という場に参加することで、自然と問題に取り組む姿勢ができる
・悩みを共有することで気持ちが楽になる
・問題について考えたら案外自分でもできそうだとモチベーションがあがった

 

【講師プロフィール】
大杉晟(おおすぎあきら)
1990年生まれ。福島県出身。國學院大學大学院文学研究科博士課程前期修了。
大学在学中よりカウンセリング、コーチングの指導を受ける。
2015年に「今すぐやる会」の立ち上げに参加
「やるCafe」ファシリーテーター

2月やるCafeの募集~「めんどくさい」「やる気が無い」感情のなくしかた~

f:id:osugi-akira:20180205220408j:plain


【やるCafe詳細】

日程:2018年2月10日(土)10時30分~12時30分まで
会場:ブルーオーシャンカフェ (都営新宿線半蔵門線住吉駅そば
参加費:1500円(ワンドリンク代込み)
問い合わせ先:contact@imasuguyaru.com

【今後の予定】
3/10 4/7 5/12

やりたいことはあるけども、いざ手に付けてみようと思うと
「めんどくさいな」とか「やる気がない」なとか思ってしまって
手が付けられないことはありませんか?

2月のやるCafeでは
「めんどくさい」「やる気がない」という気持ちをテーマに
ワークをやります。

先延ばし行動によく出てくる
「めんどくさい」「やる気がない」という言葉
「めんどくさい」という気持ちがなければ....
「やる気」さえあればやれるのに.....
と思っている方は多いと思います。

しかしこの言葉便利に使われてしまっているだけで
背後に隠されている何かがある可能性が高いのです

今回のワークではこの感情とじっくり向き合いながら
「めんどくさい」「やる気がない」と思わせている原因はなんだろうか?
を探っていきます。

意外と原因がわかってしまえば「めんどくさい」「やる気がない」という感情も無くなっていきます。

もう一つは「義務感」です。
「めんどくさい」「やる気がない」という感情に付随するものとして
「義務感」があります。
「やりたい」が「やらねばならない」と思ってしまって
必要以上に重荷に感じてしまうことはないでしょうか?

改めてやりたいと思うことを見つめなおして
それは本当にやる必要があることですか?と考え直すワークをやっていきます。

「めんどくさくて困ってる」「やる気が出なくて困ってる」という方々
その感情を消したくはないですか?

【セミナー詳細】
やりたいことがあるけど、
手がつかない。続かない。

もしも、思った通りに努力できていたら、
自分の人生はもっと違っていたんじゃないか?

「やるCafe」はそんな悩みを抱える人たちが集まる場です。

◯やること
・モチベーション維持、タスク・スケジュール管理等にまつわる悩みの共有、意見交換
・ワークシート等を利用し、自分の問題にじっくり向き合う

参加者の皆さんは、お茶や食事をしながら
のびのび気軽に参加されています。

一緒にやりたいことについてお話をしませんか?

◯参加者の悩みの一例
・勉強したいことがあるが、手に付かない
・部屋が散らかっていて片付けられない
・朝決まった時間に起きられない、夜更かしをしてしまう
・仕事に時間がかかってしまう、もっと効率良くやりたい

◯過去の参加者の感想
・普段なかなか考えないことを、じっくり考える時間がとれるのがよかった
・ほかの参加者が居ることが、考えるための強制力として働くのがいい
・「やるCafe」という場に参加することで、自然と問題に取り組む姿勢ができる
・悩みを共有することで気持ちが楽になる
・問題について考えたら案外自分でもできそうだとモチベーションがあがった

 

【講師プロフィール】
大杉晟(おおすぎあきら)
1990年生まれ。福島県出身。國學院大學大学院文学研究科博士課程前期修了。
大学在学中よりカウンセリング、コーチングの指導を受ける。
2015年に「今すぐやる会」の立ち上げに参加
「やるCafe」ファシリーテーター

1月やるCafeの報告 新年の目標はなぜ計画倒れに終わるのか?

f:id:osugi-akira:20180205215712j:plain

※参加者の方が描いてくれたレポ漫画です

1月のやるCafeを6日に開催した。
テーマは新年の目標を設定して達成することだったのだが
ワークを作っていく中で
「そもそも新年の目標って計画倒れの代名詞だよね」という声がスタッフから出てきて
なぜ新年の目標は計画倒れに終わるのか?が裏テーマとして上がった。
というか実質メインテーマになった。

確かに新年の目標と聞くと、大抵叶わないことが多い。
今年こそはと思い立って考えはするが実際に動き出すことはない。
正月気分でだらけたまま、休みが終わって日常を過ごす中で手が付かなくなる。
そして気がついたら1年が終わっている…

ワークでは最初に「これまでに達成した目標」と「達成できなかった目標」を書き出してもらった

興味深かったのは実際に書いて貰うと「これまでに達成した目標」が無いという参加者が居た

話を聞いてみると「達成」のハードルがものすごく大きいことに気がつく
例えば「ランニングを習慣的にする」という目標も
「定期的にランニングはしているが、目標の回数と距離が走れていない」
ということで本人の中では「達成」されていない。

こういうメンタリティを持っていると
目標は達成しにくいだろう。
出来ていることに目行かないし、出来て居ない自分を見続けないといけないからだ。
辛いことは続かない。
小さいレベルでも目標を達成したと自分を褒めてモチベーション維持することは重要である。

目標達成が出来ない要因は様々ある
手順がわからない
気軽にできない
目標のハードルが高すぎるなど
これまでのやるCafeのワークでもやってきたことだ。
そこで今回は目標が達成されない要因として、
特に心理的な要因にスポットを当ててみた。

目標をいざ立ててやろうとしたときに
ネガティブな感情が目標達成を邪魔することがある。
その感情を取り除けばスムーズに目標達成に手を付けられる。

今回はセドナメソッドというワークをやってみた。

一言で言うとネガティブな感情を認めて手放すワークだ。
次の①~⑦の手順で行う

①目を閉じて立てた目標に向けてタスクを実行することをイメージする。
②イメージしたその時に浮かんできたネガティブ感情に名前をつける
③名前を付けた感情に10段階で点数をつける

ここまでで第一段階
自分にべっとり張り付いている感情をじっくり味わう。
自分の感情はそう感じるのが当たり前すぎて
じっくりと感じ取ると言うことが出来ないことが多い。
そして感じ取ることができたら手放すワークに取り組む。

参加者には次の質問に答えて貰った。

④その感情を認めることはできますか? はい/いいえ
⑤その感情を手放せますか? はい/いいえ
⑥その感情を手放しますか? はい/いいえ
⑦いつ?

質問には「はい」でも「いいえ」でもどちらでも構わない。
既にこの質問に答えている時点で感情の存在は認めている
一度認めれば、次に動かす機会ができる

⑧最後にもう一度イメージをして感情に点数をつけてみる

実際にやってみると、参加者全員のネガティブな感情の点数が下がっていた

実は点数は上がっても問題ない。
感情をイメージして名前と点数をつけることで
自分にべっとりくっついていた感情が
実は動かすことが出来るということが理解できているからだ。

一回で全ての感情をなくす必要は無いし、それは難しい
タマネギの皮をむくように何度もやると効果が大きい。

参加者からは一連のワークを通して
「自分が思った以上に自分の感情に無自覚で、感情に影響されていることに気がついた」
「感情についてじっくり考えることでやりたいことがやれそうな気がした」
「出来ていることをあまり出来ていると評価しないのだと気がついた」
といった感想がでた。

2月もやります。詳細はこちらの記事をご覧下さい。

imasuguyaru.hatenadiary.jp


当日の様子

f:id:osugi-akira:20180205215931j:plain

f:id:osugi-akira:20180205220006j:plain

f:id:osugi-akira:20180205220007j:plain

 

 

 

コミックマーケット93大成功です!

f:id:osugi-akira:20171231202330j:plain

本日大晦日のコミックマーケット93に参加してきました。
新刊はなんと見事完売し、既刊の在庫も順調に売れました。
全く予想外の展開でした。

昨年は初参加と言うこともあり
初物の珍しさや勢いがありましたが
2年目の今回もその勢いが続いています。

我々の取り組んでいる内容がしっかりとコンテンツとして
魅力を持っているのだと実感しているところです。

ただ残念だったのは編集体制の進捗が上手くいかず
少々不完全な形で同人誌をお届けすることになったことです。
基本的に記事に関しては今回お配りした内容でそろっては居るので
内容自体には遜色はないのですけどね。

とはいえ、よりよい完成版として
2月か3月の完成を目処に制作に入ります。

通販での販売はその頃を予定しています。
完成次第ご連絡いたしますので
通販希望の方は少しだけお待ち下さい。
内容は良い物を作りますので!
ちなみに完成版同人誌の予約は受け付けていますので
こちらまでご連絡お願いします。
contact@imasuguyaru.com
1冊500円を予定しています。

完全とは言えないまでも
しかし、手応えをつかんだ会でした。

わざわざサークルスペースまでお越し下さった皆様
そして売り子として参加してくれたスタッフの皆さん。
原稿と提供してくれた方々
何より編集と企画をしてくれた天麩羅さん
本当にありがとう!お疲れ様でした。
では、皆様。良いお年を。
来年もまだまだ今すぐやる会は走り続けます!

早速1月6日にはこちらのワークがあります。

imasuguyaru.hatenadiary.jp



コミックマーケットの準備着々と進んでいます。

f:id:osugi-akira:20171227205830p:plain

大晦日に参加するコミックマーケットですが
着々と準備が進んでいます。

今回は原稿も無事集まり
ポスターやお品書きなど去年よりも充実した形で参加できそうです。
表題の画像がお品書きです。

当日会場に来られない方も
contact@imasuguyaru.com
までメールをいただければ通販で対応します。

【イベント詳細】
日程:12月31日(日)
サークル名:てんぷら社会科学研究会
スペース:東地区(5ホール)パ-17b

imasuguyaru.hatenadiary.jp

f:id:osugi-akira:20171227210247p:plain

12月やるCafeの報告 「大掃除大作戦~モノと部屋の整理をやり抜く~」


12月のやるCafeは
「大掃除大作戦~モノと部屋の整理をやり抜く~」
をテーマに開催した。

最初にA3の大きな紙に部屋の見取り図を描いて貰った
部屋を俯瞰してみて改善したポイントを洗い出して貰う。

その上で自分にとっての理想の部屋の状態を話して貰った。

参加者にはこんな質問を出した。
例えばあなたの目の前に何でも願いを叶えてくれる
魔法使いのお婆さんがあらわれたとする。
そのお婆さんは何でも願いを叶えてくれるが
物わかりが大変に悪い。
ただ単に「綺麗にして」と魔法の光線で部屋のモノをチリにしてしまうかもしれない
だから、具体的におばあさんがイメージできるように説明する必要がある。
さて、あなたが思い描く理想の部屋は何ですか?

理想の状態を細かく具体的にイメージ出来ていないと
作戦の立てようもない。意外とこの点が曖昧なケースが多い。
具体的になれば必然的に現在とのギャップが出てきて
やることが見えやすい。

そして、実行することを書き出して貰う。
付随して実行するに当たって必要な道具(収納用具、掃除用具、箱など)も書き出して貰った。

また、部屋の整理にあたって以下のテクニックを伝えた。

ポモドーロテクニックのすすめ
何度もやるCafeで紹介してきたポモドーロテクニックだが

imasuguyaru.hatenadiary.jp


掃除や整理に威力を発揮する。
前提として掃除が上手くいかない人は
作業の始めどころと切りどころが解らない上手くいかない人が多い
始めるにはハードルが低く、終わりも見えているので手がつけやすい。
一旦集中してずーっとやり続けてしまう過集中の問題もこれで避けられる。
参加者からも「それ、早速やってみますと反響が大きかった」

他人を使う
たとえば、スタッフの尾谷さんは自宅兼事務所で
自宅でワークショップをやったりしている。
だから定期的に人が来る。なので掃除をせざる得ない環境にあるので部屋が綺麗になる。
何かえいやと人を部屋に呼ぶ約束をしたり
また、人に掃除や整理をするから手伝って欲しいと頼んでみたりする。
他人のもたらす強制力は思っている以上に大きい。
人が居れば動かざる得ない。

ファイブボックス法
段ボールを4つとゴミ袋を1つ用意し、
気になっているモノ、整理するモノ、捨てるかどうか迷っているモノを一カ所に収集する。
そして、以下の項目を箱に書いて振り分けていく。
①要修理品( 故障しているが修理すれば使えるもの)
②寄贈品(他人にあげるもの、寄付するもの)
③保存(使えるもので、過去1年以内に使用したもの)
ペンディング(捨てるか、取っておくべきかどうか決めかねているもの)
※1年保存して、使用していなければ捨てる
⑤ゴミ袋

重要なのはルールに従って回すこと。
箱にもちゃんと名前を書いてしまうこと。
なあなあにやってしまうと、中途半端な整理しか出来ないし。
中途半端にやるとこれまでやってきたパターンが繰り返される。
このように箱を持ち出して整理するのは
その人がそれまでに持っていなかった枠を持ってきて行動を変えたいからだ。
なあなあだと今までのダメだったパターンがまた出てきてしまいあまり変わらない。

収納場所の固定とラベリング
モノがあふれてしまったり、
場所が解らなくなったり
整理が出来ないのは
モノのしまう場所が、言い換えると居場所が無いか不確定だからだ。

場所が決まっていないとどこにしまうかで意志力が使われて消耗するし
モノが見つからなくて探すのでも消耗する。
結果として無くしたり、場所だけ取ったりとかそういうことが起きる。

どこにモノを置くのかを決め、かならず出したらそこにしまうというシステムを作っておくと大変に便利である。
その際になんとなくで決めるのではなくラベルを貼るというのをお勧めしたい。
そして出来ればラベルは手書きのモノよりも
ラベルプリンターなどでちゃんと作ったモノの方が見栄えも良いし
威力を発揮する。
地味なようだがラベルを貼る行為それ自体が強制力を生み出す。

また出し入れのしやすさも重要で
私はウォールポケットやつり下げラックを愛用している。

今ここで考える、モノにまつわる自分の物語について考えてみる
たとえば、私の友人が汚い色鉛筆セットを捨てようとした時の話である。
友人の母はそれにこういって反対した
「あんたが結婚して子供を産んだときに孫に使わせる」
その友人は結婚はおろか、候補の相手も居ないし、そもそも願望も無い
直近でありそうな話では無いのに、大まじめに母親はそんなことを言ったらしい

当人にしてみれば現実味のある話かもしれない
しかし第三者が聞けばそれは無いよなぁというケースが
モノにまつわる意味づけでは多いのでは無いか。
モノを目の前にしたときに直近でつかうか?
未来に使うとしてもいつだろうか?という視点で突き詰めて考えると
結構なモノが必要ないのに持っていたりすることがある。
もしくは、過去に思い入れのあるモノを捨てられないとか。

何も使わないモノは全て捨てろとは言わないし、
思い入れは思い入れで大事だとは思う。
ただ、生活を圧迫していたら問題で
今の生活と過去の思い入れや未来への備えを天秤に掛けてみる必要はあるかもしれない。

完璧主義に陥らないようにする
言うまでもない。モノが片付けられない人は完璧主義者が多い
ほんのちょっと手をつけようと思っても
どうせ今から初めても大して進まないとか
どうせなら完璧にやりたいとか思ってしまって
実際の作業が手についていないことが多い。
少しずつ進めることが現実的だし、意外と早いのだ。

参加者からは
「こうやって考える機会は無いが、実際に手を動かして考えるとやれそうな気がしてきた」
「手をつけるのがおっくうだったがポモドーロは早速使ってみようと思う。人を使うのもやってみる」
といった声があがった。

来年1月も募集を始めました。

imasuguyaru.hatenadiary.jp

 

f:id:osugi-akira:20171216164733p:plain

f:id:osugi-akira:20171216164725p:plain