今すぐやる会

怠けるつもりはないのに気が付いたら、サボってしまう。気を付けてるつもりなのに遅刻が多い。そんなスケジュール管理、タスク管理に不安を抱える方へ、めんたね代表http://mentane.net/カウンセラー尾谷幸治が主宰する、ADHDの治療プログラムを用いた、意志の力を使わない、スケジュール管理、タスク管理のワークショップです。お問い合わせはこちらまでcontact@imasuguyaru.com

〆切を守って全員原稿を出せた冬コミ同人誌の進捗報告

みなさん、こんばんは。大杉です。

同人誌制作順調に進んでいます。
まだ製本段階ではありませんが、こんな感じ。

f:id:osugi-akira:20161221222639j:plain

f:id:osugi-akira:20161221222759j:plain

〆切を守らない先延ばし連中の集まりだったはずなのですが
今すぐやる会の成果が現れているのか、全員〆切を守って原稿は全て上がりました。
あとは、天麩羅さんの編集作業待ちです。

題目(仮なので確定ではありません)はこんな感じです。


* 5つのミッション
* ADHDとは?
* どんな取組をしたの?
* マジメ系クズな俺は今すぐやる会で変わった
めんどくさい気持ちの正体
* お勧め文献リスト
* 編集後記

 

今回驚いたのは作家の浅生楽さんが書いてくれた

『2010年代アイドルと「意思力」』

なんですけど、分量は2万字を越え、内容も充実したものとなりましたので
別冊にて販売する予定です。
こちらも力の入った作品になってますのでお薦めですよ。

また、以前にブログを上げた際に、
コミケ会場までは行けないけれども本は欲しい!」
という嬉しい問い合わせが10数件ありました。

多めに刷る予定ですので欲しい方は申し出て下さい。
こちらで取り置きしておきます。
今すぐやる会のメールでも結構ですし、
尾谷、大杉のTwitterFacebookなどでも受け付けております。
めんたね事務所にも在庫を置く予定ですので
事務所にいらした際、申し出て頂ければお売りします。

みなさん、ぜひぜひお楽しみに!

今すぐやる会がコミックマーケットに同人誌を出すことになりました。

f:id:osugi-akira:20161208221043j:plain

みなさん、こんにちは。今すぐやる会広告担当の大杉です。
なんと!このたび、今すぐやる会で同人誌を出すことになりました。
 
日程 12月31日 10時~16時
   東2ホール N-38a
値段 1冊500円を予定しています。
 
正確には今すぐやる会のメンバーである天婦羅さん@templa_3 のサークル
「てんぷら社会科学研究会」さんから、
今すぐやる会全面協力でで同人誌を出すことになりました。
天婦羅さんありがとう!
 
上にあるホワイトボードの画像は同人誌に何を書くか?で議論したときのものです。
 
現在メンバーで持ち回りの記事を執筆中です。
 
今のところこんな感じの記事を書いてみようと考えています
 
  • 真面目系クズな俺と今すぐやる会
  • 意志力は勝負所に投入せよ
  • 朝のタスクリストのすすめ
  • インボックスシステムの利用
  • プロジェクト分割を他人とやるすすめ
  • 今すぐやる会で使えると思ったブックリスト…etc
 
題名は全て仮題ですので変更もあります。その点ご了承下さい。
 
ちなみにいま尾谷さんが書いている記事の章立て案をチラ見せ!

f:id:osugi-akira:20161208224953p:plain

書き始めたら乗ってきたみたいで、これでもほんの一部
同人誌とはいえ結構な分厚さになりそうです。
 
当日は同人誌だけでは無く、簡単な診断テストや
個別で今すぐやる会についてご質問やお話もしたいと考えています。
これは会場のキャパシティ次第ですが…
 
売り子は広告担当とファシリーテーターを務める私、大杉と
主催者の尾谷が参加予定です。
 
興味のある方どうぞ当日気軽に遊びに来て下さい。
人気サークルみたいに午前で売り切れるなんてことは無いと思うので
余裕が出てくる昼過ぎからがおすすめです。

会議の構造化でムダを無く円滑な会議を

f:id:osugi-akira:20161130215109j:plain

みなさん、こんばんは。大杉です。
久しぶりの投稿になってしまってどうもすいません…
 
モニター参加のコースも終わり、
2月の本コース開設に向けて着々と準備を進めています。
 
ここ最近はコース開設準備のため中核メンバーで毎週集まり
運営会議やそれぞれの仕事の進捗チェックや
タスク管理のチェックなどをしているのですが
もっと、効率よく、スピーディにやろうということで
会議の構造化を取り入れました。
 
やってみたら面白いくらいに会議が早く終わるし
無駄なく目的にあった話し合いになるので
ブログに書いて見ることにしました。
 
会議の構造化とは具体的にはどういうことか?というと
毎回会議の司会役がやることをリストに書き出して、
その順番に沿って会議をするということです。
 
リストはこんな感じです。

f:id:osugi-akira:20161201003854p:plain

 
会議の司会役はリストを手元に持ちながら会議を進めていきます。
 
やってみて特に効果が出るなと思ったのは
会議の最初に終了時間と
今回の会議でやること話し合うこと(アジェンダ)をカッチリ決めることです。
 
終了時間を宣言して全体で共有するだけで
参加者全員がなんとなくでも意識して動いてくれるのが良くわかります。
 
話会うことも最初にカッチリ決めておくと無駄話がなくなり
アイディアもでやすくなります。
 
あと、司会役の技術が特に高くなくても出来るのが良いところです。
リストをみてリストに沿って淡々と進めるだけで
それなりに司会役が務まります。
 
次どうしようか?という考えをリストに出力しておくことで
脳内のワーキングメモリーに空きができてくれるので
司会役をしながら考えたり、落ち着いたりする余裕も出てきました。
 
過去にタスクを分割することを紹介しましたが
今回の構造化はその応用になりますね。
改めてタスク分割の有効性を実感しました。
 

今すぐやる会 冬期スクーリングの様子

こんばんは。大杉です。
随分とお知らせが遅くなってしまいましたが、
今年の1月にやりました今すぐやる会の冬期スクーリングの様子をお伝えします。

様子はこんな感じ。

f:id:osugi-akira:20161024215943j:plain

f:id:osugi-akira:20161024215952j:plain

f:id:osugi-akira:20161024215950j:plain

f:id:osugi-akira:20161024215957j:plain

タスク分割のためのワークショップをやったり
マインドマップを書いて貰ったり
GDPについて説明したりしました。

タスク分割のためのワークショップでは
「瓶ビールの栓を開けて飲む」
という行為を出来るだけ小さくタスク分割をして貰うワークをやってもらいました。

タスク分割が慣れていない人は分割したつもりのタスクでも
分割が不十分で結局手を付けられなかったりすることがあります。

タスク分割で重要なのはいかに簡単に手を付けられるか
また、手をつけたら分割したリストに従って
意志の力を使わずロボットのようにタスクを消化できるかです。


マインドマップを取り上げたのは
ADHD傾向のある人には大変に相性の良い記録表だからです。

マインドマップは中心にセントラルイメージという
絵やキーワードを書いたあとに、
ブランクと呼ばれる枝葉を広げて思考を広げて貰うのですが

四方に枝葉を広げることで、集中を分散することが出来ます。

一つの事だけ取り組んでいると飽きてしまって続かない、ということを防ぎやすい。

考える事に飽きたら、枝葉の幹を太くしたり、絵を描いてみたり、別の動きができる。
別の動きをしている間に、無意識が自然とテーマについて考えをまとめてくれるので
普段よりも思考が働きやすくなります。

GTDに関してはまた別の記事で説明したいと思います。

コース・料金

2018年1月開始予定です。

半年で1期のコースを予定しています。

内容は週1回60~90分程度のSkypeでの全体セミナーと

それとは別に、週1回のSkype個別相談を予定しています。

内容は変更の可能性もありますのでご了承下さい。

詳細は追って報告します。しばらくお待ち下さい。

 

講師プロフィール

尾谷幸治(おたにこうじ)
1975年生まれ。千葉県出身。学生時代より家庭教師、大手学習塾講師として教育に携わる。その経験を通して、子どもの能力と自発性を引き出すためには親の影響が大きいことを痛感、親に対し子どもの心をつかんで動かす方法を指導するため独立。めんたねを設立、現在に至る。
Twitter mentane@ https://twitter.com/mentane

大杉晟(おおすぎあきら)
1990年生まれ。福島県出身。國學院大學大学院文学研究科博士課程前期修了。
大学在学中よりめんたねにてカウンセリング、コーチングの指導を受ける。
2014年より「今すぐやる会」の立ち上げに参加する。
2015年より「今すぐやる会」「やるCafe」のファシリーテーターを務める。
Twitter @osugi_akira https://twitter.com/osugi_akira



参加者の声

f:id:osugi-akira:20161017181415j:plain

増川武志さん
今すぐやる会に参加する前は、タスクになかなか手が付けられず、
期限ぎりぎりまで先送りにしてしまったり、夜更かしする癖があり、
日中を寝不足で過ごすことが多かったことで困っていました。

会に参加するようになってから、発生したタスクを
すぐにメモに残す癖をつけるようにしたことで、
タスクを忘れることが少なくなりました。
 
タスクを重く考えすぎないようにして、
「少しでいいから、とりあえず手を付けてみる」という考え方をすることで、
タスクを早いうちから始められるようになりました。

睡眠時間の確保については
非常に優先度が高いことを自分に納得させることで、
夜更かしして寝不足で日中を過ごすことが少なくなりました。
 
会のワークでは認知行動療法が、とても効果的でした。
特に自分は「完璧にやらなければ、やっても意味がない」という
思考に囚われて仕事に取りかかれなかったり、
「これをやるまでは寝てはいけない」という思考に囚われて
無駄な夜更かしをしてしまうことが多かったことに気づけたのは大きな収穫でした。
 

Sさん
予定や約束をよく忘れてしまったり、
仕事をしているときに、何から手を付けて良いか解らなくなって、
固まったまま動けなくなる、ということがよくあって困っていました。

今すぐやる会に参加してから
ノートとカレンダーを使う習慣がついて
予定や約束を忘れることが大分減りました。
特に仕事では予定を忘れずに書いていたことで、
助かることが何度もありました。

仕事で何から手を付けて良いか解らなくなることも
タスク分割の練習をしてから改善されたと思います。

何から手を付けて良いか解らない状態が
とても簡単な小さい動作のレベルまでタスクを細分化すると
仕事に手を付けるハードルがぐっと下がるのが実感できました。

また、私は集中力続かずに、作業が中断することも多かったのですが
ポモドーロテクニックを使って、時間を区切って作業をすることで
自分でも驚くほどに集中できる時間を作れたのが良かったと思います。

1年を通して参加することで仕事もプライベートも生活の質が
ぐっと上がった実感があります。自分でもやれるんだという自信を付けることが出来ました。

荒井さん
最初はワークを実際に実施するのが面倒だったり、
うまくいかなかったりして意味の無いように思う事もありました。
 
しかし、大杉さんやファシリテーターの方々、
参加者の方々の話を聞いたり、自分の話を聞いてもらったりするうちに、
少しずつ前向きになり、少しずつアレンジしてみようという気になってきて、
自分の特性にあっやり方を見つけられるようになりました。
では自分の特性に合った自己管理方法を自分で模索し実行することができています。
 
認知行動療法を使った自己観察の方法で、
感情と事実を分けて現状を眺め、適切な思考に変えていく訓練をする事で、
より客観的に自分の言動を見ることができたり、
反射的な行動を抑制できるようになってきました。
 
ADHDの症状に困ってる人用のテキストですが、
ここに書かれているワークをやりながら内省し、
定期的にほかの人と対話する中で、より広い視野でものごとを見ることができたり、
自分の感情や思考、行動の整理や物事の整理がつきやすくなっていくのではないかと思います。
ADHD傾向がない人でも気軽に参加してみることをおすすめします。
 
自分を持て余していて、実は色々セミナーやカウンセリングに行っ
どうにかしようと頑張っていましたが、「いますぐやる」が一番効果的だったと思います。
みんなで各々の自分のダメさ加減を出しまくった(?)からでしょうか(笑)
「いますぐやる」のような雰囲気のセミナー、
そのような雰囲気のカウンセリングは他にないのではないでしょうか。
 
以上です。
一年間ありがとうございました。
 
若原さやこさん
・行動改善の連続なので「1年間継続」で取り組み続けることがよかった。

・うまくいかないときに現実的にどう対応するか、いくつもツールが手に入った。
習慣化するのは根気がいるし最初はうまくいかないので
そんなときに気持ちの切り替えがいるが、時間がたてば、困っているときに
ああ、あのツールを使って取り組んでみよう」
と自然と浮かぶようになったし、確実に解決に近づくのがよい。

・それでも困ったときはMLやスカイプで聴ける。
自学だと困ったらそこでストップしてしまうので、会があってよかった。

・先達がいるので的確なサポートをもらえる。

・とるべき行動が精神論じゃない(行動が難しそうに思えても、現実的な着手までのステップが必ず見つかる)ので、行動できない自分を責める必要もなくなった。