今すぐやる会

怠けるつもりはないのに気が付いたら、サボってしまう。気を付けてるつもりなのに遅刻が多い。そんなスケジュール管理、タスク管理に不安を抱える方へ、めんたね代表http://mentane.net/カウンセラー尾谷幸治が主宰する、ADHDの治療プログラムを用いた、意志の力を使わない、スケジュール管理、タスク管理のワークショップです。お問い合わせはこちらまでcontact@imasuguyaru.com

何より大事なのは時間だと気がつく話−本当の損得を考える−

f:id:osugi-akira:20170409195500j:plain

物心付いたころから貧乏症だったと思う。
本が大好きで、しかし貧乏性でお金は極力使いたくなかったから
小さなころからブックオフやアマゾンマーケットプレイスを利用してきた。

めぼしいものは手当たり次第に買う。
一冊100円とか、送料込み250円ちょっととかだったし買うことに抵抗がなかった。

本に限らずいろんなところで貧乏性というのは私の行動規範となり
私を縛り、行動を規定していたように思う。
例えば、スーパーのお惣菜半額シール。
半額になるまで店内をうろうろして時間をつぶしたりすることはよくやってた。
他には、旅行に出かけたときの交通手段や宿とか。
宿は安いドミドリーをつかい、移動手段は少しでも安くとLCCのサイトをはしごしたり、夜行バスを比較したり。

結局は少しでも安くなければならないという規範意識が先に出てしまい。
そのときに消費される、時間や意志力といったものに目が行っていなかったことに気がつく。

しかも安いと言って衝動的に飛びついたものは、長い目でみて、損をすることが多かった。

安いと思って買った本はたいていが読まずに積ん読になり、
結局読まないで捨てたり、売ったりすることはよくあった。

旅行もわざわざ時間を取って、楽しむために行くのに、
安い移動手段で体力を消耗し体調を崩したりした。
台湾に行ったときに台北で一番安い宿日本円で一泊900円だっだのだが、
あまりのひどさに3日分先払いしていたのだが急遽宿を変えて3日分の宿泊費を無駄にしたりした。

どうも振り返ると「得しなければ」という点で、衝動性と完璧主義が暴走していたように思う。

似たようなことに思い当たる方は結構いるのではないか。

今すぐやる会で
認知行動療法」と「問題解決の手段を考えるワーク」をやったことで振り返って考えることにつながっている。

認知行動療法は自分が問題行動をしてしまったときやいやな気分になったときに
そのときの状況と感情と自分の中で自動的に出てくる思考を記録してもらう療法だ。
詳細は別で記事を書くとして
日常生活で自然と考えたりやったりすることで、
問題があることを記録して自分を客観的に見つめることをやる。

問題解決の手段を考えるワークは
ある問題(タスク、プロジェクト)に関して
その問題を解決するための手段を書き出してもらう。
その上でそれぞれに点数をつけてもらって
どの手段が問題解決に有効か?ということを考えてもらう
このワークの効果は紙に書き出して、
一覧に見える化をして比較してもらうことだ。

ADHD傾向がある人間は、様々な手段を同時並行で考えるのが苦手だ。
あれも、これもと考えようとすると考えること自体が面倒になり考えるのをやめたり
混乱して、混乱して不快な状況に耐えられずに考えるのをやめたり。

手段を比較するというのも、できない人はやれない。
問題を抱えている人はかたくなにひとつのやり方に執着するなんてこともあるので
立ち止まって比較検討するということをやらなかったりする。

こうしたワークをやる中で自分の中で自分が衝動的に動くポイントがわかって
あ、俺は安いものがあると、損してはいけない!と思って後先考えて飛びついてしまう
ということが自覚できるようになる。
これを買ったら自分にどんな利益がえられるかな?
では、利益を得るには他にどんな手段が?そもそも利益なんてあるの?とか。

目先で得をするだろうお金の額と
ここで消費する時間や意志力を比較してどっちが自分にとって得だろうか?
ということが自動的に出てくるようになったことを最近発見した。

お陰で中古ショップで入り浸って時間をつぶすなんてことがなくなるし
本当に読みたい本も考えられるようになった
そして、本当に読みたい、読むべき本も限られているなんて事がわかる。

何より大切なのは限られた時間だと言うことに気がつく。
時は金なりとはよく言うが、最近になって実感してきている。

「やるcafe」始めます。

f:id:osugi-akira:20170317183303j:plain

「やるcafe」始めます。
4/15(土)10:30〜12:30
江東区住吉2-2-4
Blue Ocean Cafeにて
参加費 1000円(+自分の飲食代)

【今回のテーマ】
困ってしまった時、行き詰まってしまった時にとりあえず行う「はじめの一歩」はなんだろう?

怠惰さには定評のあるメンバー達が、
隠れキリシタンの如く小さくコッソリと
「先延ばし癖克服」
「モチベーション維持、管理」
「タスク・スケジュール管理」
などについて取り組んできた今すぐやる会。
スタートして三年目の今年から少しずつ外部に開いて新しい人を集めていきます。

やりたいこと、やらなきゃいけないことがあるのだけどなかなか手がつけられない、手をつけても長続きしないといった悩みのある方にとって有益な情報を伝えたり、うまく相互に励まし合い、応援しあうシステムを作っていきたいと思い、現在、試行錯誤中なのですが、この「やるcafe」もその一環です。

試験的なものなのでこの先どんな風になっていくのか、いつまで続くのかはわかりませんが、月に1回ぐらいのペースで緩く続けていきたいと現在は考えています。
常に継続参加が義務付けられるようなものでは全くないので、興味があったら気軽にきて下さい。
カフェのスペースがそんなに大きくないので、とりあえず、最大定員は6名にしておきます。

お問い合わせはこちらまで
contact@imasuguyaru.com

本舞台のタスクに取り組む

f:id:osugi-akira:20170306193547j:plain

先日今すぐやる会でこんな話があった。
尾谷さんはしょっちゅうツイッターで、面白そうな話題を見つけて飛びついては
持論を書いたり、リプライに対応したりして時間を浪費するクセがある。
そういう時は大抵、やらばければならないタスクがあり、そこから逃避している。

その件で尾谷さんが最近気がついたことがあるという。
それは、今まで面白いと思って飛びついていたものは、
面白いからではなく面白いと思い込んでいたのではないかということ。
本当はタスクに対する不安や恐怖が先にあって
「面白い」という感情を使っていたのではないか?とのことだ。

例えば最近の具体例だと、大学院の試験勉強(2月に合格しました)だという
大学院の勉強で不安なのは、「落ちるかもしれない」という不安があるようだ。
これに限らず、尾谷さんは「自分は試験本番に弱い」という。
他者から点数で評価されるということに不安が強いとのこと。

タスクに取り組むためには
「面白い」という感情に着目して
どうやったら面白くタスクをやれるか?ということよりも
自分の抱えている不安や不安の原因に直面して自覚することが大事で
原因を取り除くことを考えたほうが、タスクに取り組めるのでは?と思ったようだ。

このように考え始めてから試験勉強は順調に行っているとのこと。

こんな話をしていると
あなみさんも思い当たることがあるという。
彼は今すぐやる会では例外的に、
タスク管理に苦を抱えていない人ではあるから
やるべきタスクにはすぐに取り組めるのだが。
一旦タスクをやり始めると、タスクに関わる以外のことができなくなるのだという。

あなみさんは大学教員をしながらライトノベル作家をしていて
今は新作の小説を書いている。
仕事が早い人だから小説の原稿は早々に仕上げて編集に出してしまう。
問題はここからで、編集者からのレスポンスがないと次の作業が進まず
待ちの状態になっているときに、
タスクに関わること以外のことができずにストレスになっているようだ。
例えば作品のモチーフになっているアイドル関係の本田美奈子アンジュルムの動画をひたすら見てしまうとか。

実は作品に関わっているからタスクに関わっているからという名目があるから、そういう条件を利用して
何かから逃避しているかもしれないなんていうことを言っていた。

タスクに関して現時点でやれることが無く、
やりたいことが特に無いなら何をやったところで問題は無いはずなのだが
しかしそれはできないと。
やっぱり何か原因はあるんだろうねとその日は話が終わった。

人間は自分自身の本当に直面するべき問題は無意識的に避けがちだ。
直面して考えるだけでも心が痛んでしまう。
だから、いかにもな動機や理屈を組みたてることをよくやってしまう。
長年使い慣らされたものであれば、ますます巧妙になり
まるでそれが本当の理由であるかのように錯覚してしまう。

アドラーは人生の問題を舞台にたとえ
本舞台と脇舞台という言葉を使った。

人生において重要で直面すべき問題を本舞台といい
その本舞台を避けるために仮に作り出す問題を脇舞台という
そして、問題を抱える人は大抵この脇舞台を問題だといい
本舞台から目をそらしている。

本人が問題だと思っていたり、常々考えていることは
実は本当に考えるべき問題である本舞台から遠ざけるために
自分で作り上げたものである。

タスク管理というと、集中力がつづかないといった生まれ持った資質の問題もあるが
タスクからの逃避をする際に起きる自分の中での心理的な動きの問題もある。
その点に注目して、向き合い、問題の原因を取り去ることが
効率よくタスク管理をすることにつながる。

雑事に追われてませんか?あなたが今やるべきタスクは? マニャーナの法則を読んで

やりたいなと思うことはあるのだが、目の前の雑事をこなしている間に
いつの間にか一日が終わってしまって、手がつけられないでいる…
という経験はないだろうか。

今回紹介するマニャーナの法則という本は

 

 


やりたいと思ってるのになぜかやれない…という悩みを抱える人にお勧めしたい本だ。

マニャーナとはスペイン語で「明日」という意味
明日やれるタスクは明日にまわして、
重要なタスクを優先してやろうというコンセプトだ。

本書ではタスクリストを
オープンリストとクローズドリストの2種類に分ける

オープンリストとは代表的なものでToDoリストだ。
例えばノートに今日やることを全て書き出して取り組むことをイメージしてほしい
日々の雑事、ルーチン、だけでおわるならば、まだ良いだろう
問題なのは突発的に入ってくるタスクだ。
顧客からの連絡など、上司からの急な指示、家庭のことなどなど
次々にやってくるタスクに忙殺されていつの間にか一日が終わるなんてこともよくある。

ToDoリストに代表されるオープンリストは
タスクを書き出し、見える化し片っ端からタスクを片付けることには適しているが
際限なく仕事が入ってきたりして、キャパシティがオーバーするとうまく機能しづらい欠点がある。

また、やりたいと思っていて重要なタスクというのは
大抵時間もかかり、どこから手をつけていいのか・・・と途方にくれることが多い。
だから、手をつけること、あるいは考えることすらおっくうになり
本当はやらなくても問題ないタスクを無意識作って
このタスクをやらないといけないから、大事なこのタスクはできない。
やらないのではない、できないのだ。なんて都合のいいストーリーを作り上げるなんてこともある。
気を抜くと私もよくやってしまう。
そして、ますます、重要なタスクに手をつけられなくなり、時間だけが過ぎていく。

そこで、クローズドリストが重要になる。
簡単に言えばチェックリストを想像してもらうといい。
重要で、自分の人生にとってやっておくと間違いなく得なものを洗い出し
チェックリスト形式のリストを作って
毎日とにかく手をつけるということをやる。
先にクローズドリストに手をつけたら残りのタスクをやるという風に
タスク消化の優先順位を変えるのだ。

利点としてはまず、重要なタスクにてがつけられるということだ。
これまで一緒くたに他のタスクと並んでいたものだが
一度クローズドリストの形にすると、
優先順位がはっきりするのでタスクに手がつきやすい。

さらに、クローズドリストを作ることは
自分のタスクの優先順位を考えるきっかけにも成る。
いざ、作ろうと思うと、一日にタスクに割ける時間や
締め切りや、総時間でどれくらいの時間がかかるのかなどなど
具体的にタスクに対する取り組みの方法も出てくる。
タスクの優先順位を考えることは、自分の人生にとって何が重要なのだろうか?
ということにも敏感になるのだ。

実際にやってみると、自分はやりたいと思っていたけれど
雑事をあえて作ることで、やりたいことから遠ざかっていたのだと気がつく
私の場合は、小説を書いたり、テキストを書いたりといったことが
クローズドリストに入る。
人に見せる文章を書くというのはやっぱりそれなりに労力もかかるし、時間もかかる。

さらに、思い通りにできない自分というのにも直面する
そうした事実がつらくて、別の仕事をつくり遠ざけていたということが、
よくわかるのだ。
確かにまとめて可視化することで、以前よりも取り組みはできるようになった。
やりたいことがあるのに、やれないという人にぜひお勧めしたい本だ。

まとめ
重要なタスクはクローズドリストにまとめて優先的に取り組む。
クローズドリストを作る過程で、自分の人生に重要なタスクを考えることができる。

間違えた没頭、間違えた快楽との付き合い方

  

f:id:osugi-akira:20170123210511j:plain

先日ある人がブログでこんなことを言っていた。
非公開のアカウントなので引用して紹介は出来ないが趣旨はこんな感じ。

人間には誰しも熱中する機能が備わっていて、
何かをやり遂げたり、集中する時には必要な機能だけども
時に暴走して、当初の目的と違った方向に行ってしまうことがあるから
気をつけなくてはいけないと。

例えば最近は断捨離が流行っているようだけど
断捨離をはじめると、捨てることにスイッチが入ってしまって本来の目的をわすれてしまう。
沢山あったモノが消えると気分が良くなって、捨てることが快楽のスイッチと連動してしまう。
暴走すると、快楽のために捨てることをしてしまう…なんてこともあり得る。

何のために捨てるのか、整理する目的は明確であったほうがいいし、
やっている最中でも目的に立ち返ることはやった方がいい。

当初の目的を忘れて、間違えた形の没頭、それに伴う快楽は
これに限らず思い当たることがある人は多いのではないか。

ちょっと掃除をしようと台所に手を付けたら、
コンロ周りの油汚れが気になって油を落としているうちに半日過ぎていたりとか。

捨てたり、掃除をしたりといったことは特に、すぐに目に見えて成果が出やすい
成果が出ると快楽が得られて、行動が強化されやすい。
その結果優先するタスクがおそろかになったり、
必要なものまで捨ててしまうこともある

大抵こうした形での没頭は現実からの逃避として出ることが多い。
もっとやっかいなケースだと逃避している自覚が無い上、
なにから逃避しているのかもわからないことだ。

成果は出てしまっているので満足感もあるし
言い訳も立てやすい。

間違えた没頭をしないためには、目的を考え、立ち返ることが大事だと書いたが
目的を思い出したり、立ち返ったり、考えたりするは意志力を結構使う。
意志薄弱者の集まりである今すぐやる会のメンバーにはこれは荷が重い。

そこでシステムの活用だ。

今すぐやる会ではタスク管理にノートの活用を推奨している。
私(大杉)は手書きの大学ノートを愛用している。

ノートがいいのは単にタスクを管理して見える化することだけではなしに
書くという行為を通して、タスク自体について考える機会ができるということだ。
特に手書きのノートは書き方の自由度がとても高いし、
手で書くということ自体が思考の整理に役立つ。

タスクの結果どんないいことがあるのか?
複数のタスクを並べて何を優先するのか?
自分の人生にどんなタスクが必要か?

手で書くことはスマホ入力やキーボード入力よりも遅い。
その遅さが思考の動きを助ける。
タスク管理に何が良いか困ったらとりあえずは大学ノートをお薦めしたい。

さて、話が少し戻るが、先に間違えた没頭、それに伴う快楽と書いた。
ここでは「間違えた」と書いたが、これは上手く利用も出来る。
どんな意志薄弱な人間にも没頭する能力はあるし、快楽を得る能力はあるとも言えるのだ。

やりたいと思っているタスクを上手くこの没頭と快楽の好循環に回すことを考えたい。
重要なのは目に見える成果(達成感)をどれだけ細かく作って行くかという事では無いか。

その為にはタスクを細分化する必要もあるし
毎回やったときに、これだけできた、これだけやれたと発見する力を養う必要がある。
タスク管理が苦手な人と言うのは
タスクを忘れてしまうということもあるだろうが、
自分で自分を褒めたり、出来ることを見つけるという視点が欠けているのかもしれない。

そういう人は普段何気なく過ごしても、見つけることは難しいから
何かしらの形で記録を取ったり、数値にして見える化した方が良いだろう。
私はノートにこれができた、これがやれたという形で書き出すことを定期的にやっている。

今すぐやる会でも最近毎週のチェックリストに合わせて今週出来たことという欄を設けて
自分を褒める機会を作っている。

人間の没頭する性質を自分自身の快楽スイッチとどう結びつけるか?
どのようにタスクの目的を明確にするか?
没頭する最中にタスクの目的を思い出すか?

この辺りは今後の課題だろうか。

コミックマーケットに行ってきました。

f:id:osugi-akira:20170101151404j:plain

新年あけましておめでとうございます。
みなさま、いかがお過ごしですか。大杉です。
今年は今すぐやる会有料クラスの本格始動となる年です。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

さて、昨日の大晦日告知の通りコミックマーケットに出店してきました。

 

7時に私と尾谷さんで事務所で待ち合わせをして
会場のビックサイトに向かうために
タクシーに乗り込んでしばらくして尾谷さんが

「あ!おつり持ってくるの忘れちゃった」

と言い出して急遽事務所に戻ることになりました。

油断すると、こういうことを平気でやらかすので
来年からはちゃんと持ち物のチェックリストを用意しようと思いました。

 

会場に到着し、設営を終えると
私は目当てのサークルがあったので(笑)
当初は尾谷さんに任せていました。
11頃戻ってくると既に15冊以上売れていて驚きました。

私としては、同人誌の話も急な話でしたし、
コミケでこの手の同人誌は大して売れないだろうと思って居たので
まあ、売れて15冊かな?と思って居たのです。

戻って売り子をやり始めると次々に人がやってきて
列を作るほどでは無いけれども、
ヒマだから立ち上がってうろつく余裕も無いくらいには忙しかったです。

f:id:osugi-akira:20170101145813j:plain

最終的に15時で撤収するまでに、
やる会合同本が70冊弱、浅生楽さんの本が15冊程度
合計80冊以上売れました。
私も、尾谷さんもこの結果は本当に驚きました。
事前に予約されていた取り置き分が約40冊分ありますから
合わせて120冊以上売れた計算です。

 

今回のコミケイベント大成功だったと思います。

本を売れたという以上に
生のお客さんの反応が見られたのが収穫だったと思います。

本を売るためにポップやのぼりや垂れ幕ポスターなど
告知物を用意していませんでしたので
急造でチラシをクリアファイルに入れて立てかけたり、
チラシのチェックリストを表面にして置いてみたりしたのですが
意外とこれが反応が良かったです。

これをみて
「自分も思いあたる」
「自分もADHDと診断された」
「いま、こんな薬(コンサータ―、ストラテラ)を飲んでいます」
「部屋が散らかっていて大変なんですよ」
「自分もADHDなのかなと心配になって…」
と話してくれる方が相当な数いらっしゃって興味深かったです。

 

「告知とかポップとかポスターとか、もっと売り方を工夫すればもっと売れたよね」
と尾谷さんも言ってましたが、その通りだと思います。
それくらいに反応が良く、生で見えたのは収穫だったと思います。

本を売るのは本来の目的ではありませんが、
今すぐやる会の広告効果や本を作る名目で書いた原稿が
コンテンツとして残ることを考えれば
大きな成果だったと言えるでしょう。

大満足のコミケ参加でした。
話を持ってきて下さった天麩羅さん有難う御座いました。

 

今すぐやる会 12月31日(土)大晦日 コミックマーケット出品情報 東2ホール N-38a

みなさん、こんにちは。大杉です。
ついに、明日コミックマーケットに出店致します。

情報はこちら

日時 12月31日 10時~16時

場所 東京ビッグサイト東京国際展示場
   東2ホール N-38a

サークル名 てんぷら社会科学研究会

販売物 

『「今すぐやってみよう」今すぐやる会活動記録 ―ADHD道半ば…―』
(今すぐやる会全面協力合同執筆本)
1冊500円

『2010年代アイドルと意志力―「習得型」アイドル集団アンジュルムをめぐって―』
(作家 浅生楽さん @Asailuckの寄稿文)
1冊300円

当日は、尾谷幸治と大杉晟の2名が売り子として参加します。
同人誌とは別にちょっとしたチェックテストのついた無料チラシも配布します。
こんな感じです。ウラのチェックテストは会場でのお楽しみ!

 

f:id:osugi-akira:20161230145819p:plain

会場の混雑具合次第ですが、
尾谷と大杉で今すぐやる会についての説明や
お問い合わせの受け付けも会場でしたいと思います。

「今すぐやる会ってなにをするところなの?」
「こんなことで困ってるけど、この会は使えるのかな?」
ちょっとでも気になったことがあれば、お気軽にお声おかけ下さい。

また、取り置きのお問い合わせが嬉しい限りで40件以上になりました。
当日会場に来られない方も別途販売致しますので、
尾谷か大杉か今すぐやる会のメール(contact@imasuguyaru.com)にお問い合わせ下さい。

多めに刷るので当日全て売れることは無いでしょう。

では、会場でお会いしましょう!!